· 

「先生の気持ち、生徒の気持ち」

 

私は、趣味とスキルアップを兼ねて、声楽を習っています。

もちろん、声楽を習うときは生徒になるわけです。毎回、いろいろ注意を受けますが、その内容が自分がふだん生徒に言っていることと同じだったりします。

そんなとき、生徒側の気持ちもわかり、先生側の気持ちも分かり、苦笑いです。
先生は、簡単そうに見本を示すのに、いざやってみると、頭でわかっていても出来ないのが現実ですよね。

 ”そんな生徒の現実によりそって、一緒に解決の方法を見つけていく先生でいること”

声楽のレッスンは、私にそんな大切なことをいつも思い出させてくれます。