· 

「親の言い分、子供の言い分」

 

ある日のレッスン室、中学生のAちゃんのママが
「もう少し練習してくれるといいんですけど」と言うと
「ちゃんとやってるよ」と答えるAちゃん。
これは、ピアノを習っているおうちでは、よく耳にしますね。

ピアノの先生でもあり、ピアノを習っている子供の母親でもある私は、どちらにも”そうね”とうなずいてしまいます。

Aちゃんは、部活に勉強、他の習い事と忙しい中、毎回じぶんのペースで確実に進めていました。でも、親としてみればせっかく習っているのだから・・・というのが本音ですよね。

みなさんなら、2人になんて言葉をかけますか?わたしは・・・

Aちゃんには、「忙しいけど時間をみつけてみようよ。たとえば、お風呂の前に10分、少し早起きして10分とかね。そして、限られた時間だから、無駄のない練習方法で取り組む」ということ。

そして、ママには「何かを自分のものにするというのは、、時間も根気もいることなので、ぜひAちゃんに時間を作ってあげて下さい。」ということ。

私たち大人でも、毎日忙しくて時間に追われていては、やる気も失せてくるし、手を抜きたくなりますよね。私は、掃除かな(^^)

何かを極めていくというのは、1つでも大変なことです。「練習しなさい」というまえに、子供の生活時間を”忙しすぎていないか”ちょっとだけ振り返って考えてみませんか?