· 

「少ない時間で、効率の良い練習とは」

 

あまり練習に時間をかけず、ピアノが上手になりたい!」
大人の方をレッスンしていると、時々相談されますが…そこで一言、”私もそうなりたいー!!”(>_<)

本当に厄介な楽器ですよね。
でも残念ながら、人間の体は機械のようにすぐ覚えることができないので、ある程度の反復練習が必要なのが現実です。

しかし、”ある程度の時間”以上にかかってしまう時間は、効率の良い練習方法でカットすることができます。

例えば1時間位で仕上がる曲だとして、2時間、3時間かけてても思うように弾けない。こんな場合は、練習方法など何か原因があるはずです。こんなとき、やみくもに”弾けないなら、もっと練習”とがんばっても、時間の割には成果が出ないものです。

ピアノは上達するのが、もどかしい楽器ですが、でも、出来ないことばかりに目を向けずに、少しでも出来たことを喜んで、そのことことを忘れないようにしていけば、ピアノの練習も楽しくなっていくのかなぁと思ったりします(^-^)
出来るようになったことは、当たり前になってすぐ忘れちゃいますからね。

子育ても、ピアノも同じかな~
でも、子育ては、そんな冷静でいられないんですけどね(笑)