· 

「新品のピアノの音がおかしい」

 

梅雨入りして、洗濯物も乾かなくて困ってますが、楽器にもつらい時期ですね。

これは若い頃、出張レッスンをそしてたときの話です。
そのおうちでは、レッスンをスタートするために新品のアップライトピアノ購入しました。しかし、春に買ったピアノは、その年の冬頃には音が小さくなり、響きが悪くなってしまいました。

そのピアノは、和室に置かれていました。もう、気づきましたか?そうです。音が出なくなってきた原因は、畳でした。

畳は、湿気を吸収してくれ、日本のジメジメした梅雨や夏を快適にしてくれる優れものです。しかし、私たちには快適な畳も、ピアノにはそうではないということです。ピアノに使われている木材が、畳が吸収した湿気をさらに吸い取ってしまい、音が出にくくなってしまうのです。

ピアノは、フローリングの部屋に置くのがおすすめです。

この時期、湿度が高くなるので除湿器やエアコンのドライ機能を使ったり、

晴れの日は、窓とピアノの蓋を開け、乾燥させるといいですよね。

楽器のお手入れも、長く使っていくには必要なんですよね。