· 

「20年分のレッスン計画書」

 

ピアノを教え始めて20年以上・・・

当初から続けてきたこと、それは

生徒一人ひとりの「レッスン計画書」を書くことです。

 

「レッスン計画書」の中身は

  ・次回のレッスンで教える事

  ・レッスンの反省

  ・教えようと思った事が、どのくらい出来たか

などのほか、気付いたこと、思いついたアイデアなどを書いています。

 

これは、生徒には見せません。

私がレッスンをするのに教え漏れがないようにするのと、

生徒の苦手を把握するために書き始めたもので、

今でもレッスン中、確認しながら教えています。

 

書き貯めた「レッスン計画書」は、レッスンに迷った時の私の参考書みたいなものになっています。

  ”これは、上手く教えられたなぁ”

  ”これは、生徒が楽しんで取り組んでいたなぁ”とか。

 

ルーズリーフに書いている「レッスン計画書」は

毎日書くため、どんどん増え続け・・・

でも教え続けていると、一人として同じ子はいないので

私の「レッスン計画書」は、今後も増え続けていくと思います(^^)