· 

「きれいな音を出すために」

 

きれいな音でピアノを弾くには・・・

 

ピアノを弾くときは、大人も子供も同じ楽器を使わなければならないので、体の小さな子供には難しいことがたくさんあるんです。

 

今回は、椅子と子供の足について。

 

椅子は、高さが調節できる椅子がいいですね!

(楽器と一緒に付属で付いてくるもので、高さが変えられない椅子もあります)

子供の成長に合わせて、腕の高さと鍵盤の高さを調節できますからね。

 

あと家で練習するとき、よくあるのが

椅子に腰かけて床につかない足を

ブラブラしたままピアノを弾くこと。

これ、すごく多いですね!

 

足をしっかり床に着けて

体の重心を下に落とさないと

ピアノはきれいな音で響いてくれません。

 

足台を使わないと、と思っても、

数年しか使わない足台を買うのは

もったいない、というのが本音ですよね。

 

なので、段ボールに新聞紙や雑誌などを詰めて、ガムテープで閉じたもの足台として使うことを、うちの生徒には提案しています。

段ボールは、大きさの違うものがたくさんあるので、子供の成長に合わせて変えられますからね(^^)