· 

「上達が早い子の親②」

 

「上達の早い子の親①」からの続きのお話。

     *「上達の早い子の親①」はこちらから

 

上達を加速させるために、

2つ目子供の力を信じて親が限界をきめないこと

 

私が思う上達が早いとは、例えるなら

ずっと背が低くかったのに

成長期がきて、気が付けば

親より大きくなってたみたいな感じ

 

身長と同じようにピアノも成長期があって

成長期の急激な伸び=上達が早いだと思っていて、

それが早い子もいれば、遅い子もいる。

 

でも親がこの成長期が待ちきれなくて

負の連鎖が起こってしまうと…

「まだ両手で弾けない」「友達より進みが遅いかも」➡「うちの子ピアノに向いてない」➡親の関心が薄れる(前回のブログをどうぞ)その結果、上達しないから、辞めさせてもと考え出す。

 

でも、あまりにも始めから上達の早い子、要注意!

毎回きちんと弾けてて

「わからないことある?」て聞くと

「ない、大丈夫!」っていう幼い子、

親が教えてるとか、

音符を読まず指番号で弾いてる子とか、

これらは上達を妨げてしまいますよ。

 

うちの教室に体験にやって来る子の中には、

かなり難しい曲を弾いているのに

音符にフリガナのように全部ドレミが書いてあったり、

「先生が毎回音符やリズムを全部言ってくれる」

と言って自分で弾こうとしない、というか弾けない子とか。

教える側は、先に答えを言ってしまえば断然楽、でもね…(^^;)

 

このようなことを続けていると、

最初だけで後から伸びなくなるし、

本人の苦痛も増えていくので💦

 

大切なのは自分で理解して、継続していくこと!

そうして自分の力で継続できたら

「どうせ、がんばっても無理」って

思わなくなります!

 

上達への近道は

心を育てるということですね(^^)

 

この機会を奪わないようにしたいですね、

私たち大人のほうから。

 

 「うちの子には才能があるはずだ!」

と思い続けてくださいね。

私も親のように信じて毎日指導しています(^^)

 

はじめてのピアノ教室|ひたちなか市